Sound visualization by barbe_generative_diary

Sound visualization / “Waiting for you” – Pablo Suárez

Sound / “Waiting for you” by Pablo Suárez

“Waiting for You” is a song dedicated to my upcoming baby girl, marking with its beat the passing time until her arrival.

It is a very exciting collaboration, co-written and produced by James Yuill. Featuring his voice, it creates a very deep and powerful atmosphere. Composed with synths, guitars, strings and other elements, it is a very motivational and energetic song.

パブロ・スアレスの新曲「Waiting for You」は、彼自身の体験のもと、生まれてくる我が子へ捧げた曲です。新しい命の誕生までの期待感をサウンドで表現しています。

この曲は、James Yuillとの共同により、とてもエキサイティングなコラボレーションとして制作されています。彼の特徴的なボイスサウンドが、とても深く、力強さを演出。シンセ、ギター、ストリングスの要素で構成され、非常に意欲的でエネルギッシュなサウンドです。

Pablo Suarez biography

Pablo_artist_pic

Pablo Suárez is a self-taught music composer. He has a neoclassical and cinematographic distinctive style which is dominated by instrumental piano. He always wanted to be a musician but found a way in which to channel his creative flow into furniture design, nevertheless he kept exploring with digital mediums in order to bring to life the melodies that he had on his mind delivering strong nostalgic sounds tailored for film soundtracks and/or special projects.

作曲家 パブロ・スアレスは独学で音楽を学び、 インストゥルメンタル ピアノを中心とした新古典主義的でフィルムサウンドのような独創的なスタイルにて曲を制作しています。

また、彼はミュージシャンであるとともに、その創造的なスキルを家具デザインへも向けています。

現在、彼のサウンドは、ノスタルジックな映画の一場面を想像させ、心に描いたメロディーに命を吹き込むために、デジタルの可能性を探求し続けています。

Link >>> Pablo Suárez sounds

barbe_generative_library

Processing 参考書籍
[Book] 数学から創るジェネラティブアート – Processingで学ぶかたちのデザイン

mathmade-processing_gizyu-image

初版/ 2019.4.17
ページ数/304ページ
出版社/技術評論社
言語/日本語

【Amazon.co.jp で購入】

ーーーーー
”Books”では、”barbe_generative_Library”として、
barbe_generative_diary の創作において実際に購入し、読んだ本を紹介します。

ーーーーー