barbe_generative_diary

Sound generative art を制作しています。 音や光など、私たちの周りにあるものはすべて周波数で表現できます。 目に見えない音の世界を視覚化し、生成的にミックスすることで、よりミニマルな新たなクリエイティブ表現に取り組んでいます。

ビット(情報)からアトム(物質)へ

90年代、「アトム(物質)からビット(情報)へ」というデジタル革命の流れから、時代はハードからソフトへと移行されていきました。

時代が進むにつれ、ハードにおいても、プリンタやリトグラフ、3Dプリンタなどのデジタルファブリケーションの再発見から、それらを利用した多くのアーティストが生まれ、ビットとアトムはハイブリットへ、さらには、近年、ペンプロッターなどを利用したジェネラティブアーティストの積極的なデジタル作品の物質化により「ビットからアトムへ」と時代が流れているように感じます。

この記事では、デジタルアート活動を進めていて、「ペンプロッターを使いたいけど、どんなものか分からない。」「ペンプロッターでできることは何?」など、導入を考えている人向けた内容です。

ーーーーー

本記事の内容
ペンプロッターとは
ペンプロッターの種類とメーカー
おすすめのペンプロッター
ペンプロッターアーティスト

ーーーーー

ペンプロッターとは

ペンプロッターは、平面上のX軸・Y軸の値を元に、ベクターデータを利用して線を描きます。かつての主な用途は建築や機械設計のため、CADでの製図出力のためでした。現在ではドローイングマシーンとしてデジタルアートやグラフィックの出力などにも利用されています。

プロッターは、線を描くベクターデータを利用するので、塗りつぶしやグラデーションといったことができません。(線を重ねたりなどの使い方にもよりますが。)また、プリンタと違い、一枚を描き切るのにとても時間がかかります。

ですが、そもそもプリンタとは目的も用途も違うので、それらを踏まえた上での使い分けが必要です。

プロッターの魅力は、版印刷にはない書き味、ペンやインク、紙やサイズの自由さ、さらにはドローイングマシーンとしてのカスタム、拡張など、デジタルアートを物質化することで見えてくる新たな発見などがあります。

ペンプロッターの種類とメーカー

ペンプロッターにはフラットベッド式のT型H型ドラム式などがあります。その他、オリジナルを自作する人も多くいます。

現在、ドローイングマシーン利用できるペンプロッターのピックアップです。

AxiDraw

Links:
AxiDraw by Evil Mad Scientist
Shop-Evil Mad Scientist
Instagram | Evil Mad Scientist
X | Evil Mad Scientist

BANTAM TOOLS

Links:
BANTAM TOOLS – Website
Bantam Tools NextDraw™
Instagram | BANTAM TOOLS
X | BANTAM TOOLS

TerraPen

Links:
TerraPen – Website

iDraw

Links:
iDraw – Website

おすすめのペンプロッター

全ての実機を触ったわけではないですが、今のところおすすめは、“AxiDraw” です。ロボットとしての完成度はもちろん、機器の不調により困った時のアフターフォローがとてもしっかりしています。※ 以前、不具合があった時、AxiDrawのDiscordにて、とても親切に解決してくれました。

これら機器は、基本的には自身で修理することができます。サーボモーターなどは消耗品にて、長年使っていると交換時期が来ます。それ以外にも必要なパーツもWebサイトにて個別で販売されています。

その他、ペン角度を変えるためのアクセサーパーツやモーターのアップグレードパーツなどもあり、自分だけのプロッターにカスタムすることも可能です。

以前、下記記事にてセットアップについてまとめています。

AxiDraw SE/A3 – Pen Plotter / Review #1 – セットアップ

ペンプロッターアーティスト

ニッチながらもペンプロッターを利用したアーティストは世界中に多くいます。彼らの感性とクオリティはとても高く、Web上でも素晴らしい作品に出会う事ができます。ここで紹介するアーティストは、日々実験を繰り返しながら、表現豊かで美しい作品を制作している、私の大好きなアーティストたちです。

Andrew Strauss / アンドリュー・シュトラウス

Andrewは、オーストラリアを拠点とするペンプロット、ファインアートプリントのマエストロです。受賞歴のあるアートディレクター、グラフィックデザイナーでもあり、20年以上のキャリアがあります。彼の作品は、職業柄、クオリティの高いレイアウトセンスと、アートコンセプト、引き込まれるような連続する形と線で構成され、多くのファンを魅了しています。彼の作品はWebサイトやNFTにて購入することができます。非常に人気のため常に売り切れています。

www: https://studiostrauss.shop/
instagram: https://www.instagram.com/ad_strauss/

Arnaud Pfeffer / アルノー・プフェッファー

Arnaudはフランス、パリに拠点を置く工業デザイナー、デジタルアーティストです。彼の作品は、アート作品の結果だけでなく、製作プロセスもユニークで美しく、完璧なまでに機械と素材との対峙を表現しています。工業デザイナーの経験により、既存のプロッターをマシンをオリジナルで拡張し、他に類を見ない素晴らしい作品を作り続けています。

www: https://arnaudpfeffer.com/
instagram: https://www.instagram.com/arnaudpfef

Kenny Vaden / ケニー・ヴァーデン

Kennyは、アメリカのサウス・カロライナ州を拠点に活動しているジェネラティブアーティスト。彼の作品は、現代の美しさと混乱、恐怖を捉え、パターンによる有機的なグラフィック特徴です。彼は医科大の研究者として、R言語を用いた生物統計や科学プロットのためのグラフィックコードを書いています。常に実験と表現を行き来しながら、多彩な表現に取り組んでいます。

www: https://www.vadenart.com/
instagram: https://www.instagram.com/kenny.vaden/

Chris Bly / クリス・ブライ

Chrisの作品はモノクロームの非常にシンプルです。黒の紙に浮かぶ白のラインは一本一本がとても洗練され美しく、規則的な揺らぎとシルエットは見る人を魅了します。正確な筆圧でラインを引くプロッターの特性を活かした、作品づくりにいつも刺激をもらっています。

www: https://chrisbly.com/
instagram: https://www.instagram.com/machine.arm/

Recommended Book

“Tracing the Line: the art of drawing machines and pen plotters”.

Vetro Editions と Generative Hut が提携し、100 人の現代の最先端アーティストをフィーチャーした新しい AR 出版物が制作されました。現在プレオーダー中。ペンプロッターやドローイングマシーンを実際に使用する 100 人の現代アーティストの作品が掲載されています。

プレオーダーはこちらから。(割引対象期間中にてお早めに。)
VETRO EDITIONS Website – Tracing the Line –

VETRO-TracingtheLine2-00

Recommends on Amazon

Amazonのbarbe_generative_diary ページにて、使用している道具や機材、本棚にあるアートに関連する本などをまとめています。

barbe_generative_diary Recommends on Amazon