環境/macOS Montery Apple Silicon Mac

Tidal Cycles はインストールがとても複雑です。Tidal CyclesをM1 Macで利用するための一番簡単なインストール方法です。

ーーーーー
Index/目次
1. Homebrewをダウンロード、インストール

2. Tidal bootstrapにて自動インストール
3. GHC 9.2.2をインストール(2022.3.5 リリース)
4. cabal にてTidalCyclesライブラリをインストール
5. Super Collider を実行しSuperDirtを加える。
6. サウンドテスト〜 Super Collider を起動
7. SuperDirt を起動
8. Atom 〜サウンドテスト
あとがき

ーーーー

1. Homebrewをダウンロード、インストール

Homebrewがarmのmacでも使えるようになり、ターミナル>情報の「Rosettaを使用して開く」にチェックを入れずにターミナルを起動し下記コードにて、Homebrewをインストールします。
※既にRosettaにてHomebrewを入れている人は一旦アンインストールした方が良いです。

/bin/bash -c "$(curl -fsSL
https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/HEAD/install.sh)"

インストール後、ターミナル場で、– Add Homebrew to your PATH in〜(自身でパスをセットしてください)と言われるのでその通り記載された、二つのコマンドを打ち込みパスを通します。

<ターミナルに下記のような指示>
– Add Homebrew to your PATH in /Volumes/home/home_barbe/.zprofile:
echo ‘eval $(/opt/homebrew/bin/brew shellenv)’ >> /Volumes/home/home_barbe/.zprofile
eval $(/opt/homebrew/bin/brew shellenv)

echo 'eval $(/opt/homebrew/bin/brew shellenv)' >> /Volumes/home/home_barbe/.zprofile
source ~/.zprofile

わからない場合は、下記のページを参照したので確認してみてください。
参照:M1 mac で homebrew が普通に使えるようになった

2. Tidal bootstrapにて自動インストール

一旦、Tidal bootstrapにて必要なものを自動インストールします。
Tidal Cyclesの公式ページのインストール方法 より下記コマンドです。

curl https://raw.githubusercontent.com/tidalcycles/tidal-bootstrap/master/tidal-bootstrap.command -sSf | sh

下記内容がインストールされます。

・SuperCollider (and SuperDirt)
・Atom (and the Tidal Cycles Plugin)
・Haskell Language (Ghcup) ← のちに、再度インストールし直します。
・The Tidal Pattern engine (Tidal Cycles itself)

<Update>ーーーーーーー
5 March 2022 に、GHC 9.2.2 がリリースされたため、下記記事を更新しています。
Apple Siliconに対応し、llvmが必要無くなったので、以前インストールされた方は下記内容:3〜4(cabalでTidalライブラリーインストールまで行ってください。)(Update2022.3.10)

3. GHC 9.2.2をインストール(2022.3.5 リリース)

GHC 9.2.2 より、AArch64 NCGが実装されているのでLLVMがなくても実行ファイルを生成できます。

ghcup install ghc 9.2.2 --force

再インストールするとデフォルトのGHCの設定がリセットされるので、下記コマンドをターミナルにて実行。

ghcup set ghc 9.2.2

4. cabal にてTidalCyclesライブラリをインストール

cabalを使用し、アップデートのち、tidal –libをインストールします。

cabal update
cabal install tidal --lib

5. Super Collider を実行しSuperDirtを加える。

Super Collider を実行し、include(“SuperDirt”)と実行し、SuperDirtをインクルード(追加)します。

include("SuperDirt")

右下に緑の文字で ”SuperDirt” と表示されれば完了です。

6. サウンドテスト〜 Super Collider を起動

Super Collider を起動させます。右下の Sever: 横をクリック「Boot Sever」をクリックすると起動します。右下のインジケータが緑色になれば起動完了です。

7. SuperDirt を起動

SuperCollider File から Open startup file を選択。IDEに下記記載のち⌘+Enterを入力します。

SuperDirt.start

右下のPost windowに「SuperDirt: listening to Tidal on port 57120」と表示されたら起動完了です。

SuperDirt: listening to Tidal on port 57120

追記

TidalCycles利用時、毎回SuperColliderに「SuperDirt.start」と打ち込み起動させるのは面倒です。SuperCollider起動すると同時にSuperDirtを起動させる方法を紹介しています。

参照/TidalCycles セットアップ / SuperCollider 起動時にSuperDirtを起動させる方法

8. Atom 〜サウンドテスト

Atomの新規ファイル作成のち、拡張子を【.tidal】にて保存します。
以下のコード例を入力し音が出るか確認します。

d1 $ sound "bd"

今後さまざまなコードを書いていくかと思いますが、TidalCyclesは行間や文字間にも影響しエラーが出たりします。慣れと注意が必要となります。

ーーーーー

分からないところありました、Instagram または Twitter アカウントへメッセージください。
また、インストールやその他環境における操作は、自身の責任において行ってください。

あとがき

[Series] はじめてのTidal Cycles
Tidal Cyclesの情報は英語が多く大変です。ネットや本にて情報を集めたものをシリーズにて定期更新しています。始めたばかりのビギナーの方へ、また自身の復習のためのシリーズです。

また、数少ないTidalCyclesの日本語 参考書籍として、[Book] 演奏するプログラミング、ライブコーディングの思想と実践を購入するのもひとつの手だと思います。もうすでに情報が古くなっている箇所がありますが、とても分かりやすく役立ちます。

ーーーーー
intel Mac の場合は「Tidal Cycles インストール方法 for intel Mac」を参照ください。

Tidal Cyclesのサイトには、その他のトラブルシューティングが記載されているので参照ください。> Tidal Cycles ドキュメンテーション

barbe_generative_library

TidalCycles 参考書籍
[Book] 演奏するプログラミング、ライブコーディングの思想と実践

programing_play_bnn-book-image

初版/ 2018.12.21
ページ数/176ページ
出版社/ビー・エヌ・エヌ新社
言語/日本語

【Amazon.co.jp で購入】

ーーーーー

“Books”では、“barbe_generative_Library”として、
barbe_generative_diary の創作において実際に購入し、読んだ本を紹介します。

ーーーーー