1. TOP
  2. Collaboration / “Imitate” Pablo Suárez

Sound

Collaboration / “Imitate” Pablo Suárez

Sound visualization / “Imitate” – Pablo Suárez – New single “Imitate” by Pablo Suarez (produced by James Yuill ).“Imitate” will be part of the upcoming electronic album called “Apogee”, which will be released in early 2023.

imitate-00

Collaboration / “Waiting for You” Pablo Suárez

This art is a collaboration art work with “Pablo Suarez”. I created art using his sound “Waiting for you”.  このアートは作曲家 パブロ・スアレスとのコラボレーション作品です。

Pablo-co-WaitingForYou

Collaboration / “Eleven” hundredmillionthousand

This is a collaboration art work with “hundredmillionthousand”. The Sound is his new single “Eleven” released on October 7.  アーティスト”hundredmillionthousand” コラボレーションアート。

Eleven-header

Sound visualization / Sheet Music

Processingを使ったサウンドビジュアル表現。Processing にあるSound library のFFT(高速フーリエ変換)の数値を利用し、楽譜を書くようにサウンドを描いていきます。コード内にある、sample.wav部分を自身の好きなサウンドに置き換え、数値を変えながら遊べます。

sheetMusic-header

Fireworks planet / processing and p5.js

フィールドレコーディングされた花火大会のサウンドを利用し、Processing と p5.jsによる音の視覚化(Sound Visualization)を行なっています。三角関数を利用した球体をベースに5つパターンを作成、ひとつはp5.jsを利用し、ブラウザ上にて好きな色や大きさへ変更できるようにしています。

00_fireWorks-p5js-header-image

[How to] VS Code の導入とセッティング・便利な機能 for TidalCycles

Tidal Cyclesのテキスト/コードエディタとしてVSCode(Visual Studio Code)を導入する方法です。2022年にTidalCyclesユーザーの多くが利用していたAtomの開発が終了するとのことで、早速、エディタをVS Codeに変更しました。他のエディタにはない機能もありとても便利です。

VSCodeforTidal-header

[Tool] MPD218 AKAI (ProcessingとMIDIパッドコントローラーのテスト接続/MidiBus ライブラリー)

自身のMPD218購入目的はちょっと変則で、DTM目的でなく、ジェネラティブアートで利用するための簡易MIDI Padを探して購入しました。ProcessingやopenFrameworksなど、ビジュアル・サウンドライブコーディングでの変数や数値の割り当てに利用しています。

AKAI_professional_MPD218-image

[保存版] Tidal Cycles / Mini Notation まとめ /随時更新

Mini Notationは、さまざまな種類のパターン(note、サンプル、パラメーター)を記述するために使用するショートカット表記です。Mini Notationを使用することでシンプルなコード表記でさまざまなリズムを生成することができます。日本語訳のまとめ・保存用としての記事になります。

MiniNotation-sum-header

[保存版] Tidal Cycles ファンクションまとめ (Functions)/随時更新

TidalCyclesには、デフォルトでさまざまなファンクションが利用できます。この記事では、保存用、Tidal Cyclesで利用する【ファンクション(Functions)を一覧】としてまとめていきます。音楽制作・ライブコーディングなど必要に合わせて使用してください。随時更新していきます。

Tidal_Functions-header

Sound visualization / Sound Euclidean Algorithm

Processingを使ったサウンドビジュアル表現。最大公約数を求めるためのアルゴリズム“ユークリッドの互除法”にて、サウンドをビジュアライズしました。ソースコードでは、サウンドライブコーデインングを行なった際の録音を利用し、その音源をProcessingのSoundライブラリーで読み込み込んでいます。

Sound-Euclidean-Algorithm_post-image

Sound visualization / minimal-speaker (Lissajous figure)

Processingを使ったサウンドビジュアル表現。スピーカーのコーンの振動を視覚的にミニマルにビジュアライズしました。Processing (Sound library) とモジュラーシンセで作った音を利用。ソースコードでは、事前録音をSoundライブラリーで読み込み込んでいます。VJとしても応用できます。

minimal-speaker-image

[保存版] Tidal Cycles シンセサイザーまとめ (Synthesizers)/随時更新

TidalCycles(SuperDirt)には、デフォルトでシンセサイザーがインストールされています。保存用、Tidal Cyclesで利用する【シンセサイザー(Synthesizers)を一覧】としてまとめています。また、あなた自身のシンセサイザーを追加し使用することも可能です。音楽制作・ライブコーディングなど必要に合わせて使用してください。随時更新していきます。

Tidal_Synthesizers-header-image