Tutorials

[Series] はじめてのTidal Cycles :Part.4 /オシレーター(Oscillators)

オシレーターとは、直訳すれば“発振回路”です。一定の振動を繰返す電気信号が得られます。簡単にいえば「連続するパターン」です。オシレーターは構造体のないパターンなので、構造体を持つ音源やエフェクトなどと組み合わせて使用します。TidalCyclesでは、数種類の周波パターンがあり、音に変化をつけ演奏していきます。

series-beginner-03-oscillators-image

[Series] はじめてのTidal Cycles :Part.3 /リズムを作る表記方法(Mini Notation)

プログラミングを始めたばかりの頃、分からなかったコードが少しづつ読めるようになり、自分の思いのままに書けるようになるととても楽しくなります。Tidal Cyclesも同様に、これから解説するコード表記はリズムの生成に必要になります。ひとつづつ確認しながら学び、ライブコーディングをより一層楽しんでください。

beginner-03-mininotation-h

[Series] はじめてのTidal Cycles :Part.2 /Tidal Cyclesの仕様、リズム構成とテンポの設定方法(CPSとBPM)

[Series] はじめてのTidal Cycles :Part.2 では、Tidal Cyclesの仕様を学びながらリズムの構成とテンポの設定を学びます。Tidal Cyclesで使用されるCPSというサイクル数の概要と使い方、また、馴染みのあるBPMを利用するための変換計算式コードを紹介します。

beginner-02

[Series] はじめてのTidal Cycles :Part.1 / Tidal Cyclesのサンプルを使って音を鳴らす(基礎編)

[はじめてのTidal Cycles] と題してTidal Cycles の基礎的な事を数回に分けて投稿します。Part.1では、サンプル使った簡単な音の鳴らし方を中心に、基本的なルールと操作方法を学びます。

beginner-01

[How to] ライブコーディングの画面録音、 “BackgroundMusic”の導入方法

Tidal Cyclesを使っているとライブコーディングを画面録音したくなります。M1 Mac で利用できる画面録音の方法として”Background music”というアプリケーションの導入方法です。

backgroundimage

[How to] Tidal Cycles に好きな音源を追加する方法(Custom Samples/カスタムサンプルズ)

Tidal Cycles インストール時に既にある音源以外に自分で用意したサンプル音源素材を読み込み利用することができます。独自の音をサンプル音源として利用するCustom Samples/カスタムサンプルズの方法です。

TidalCycles_logo_header

[How to] Tutorial Tidal Cycles をキーボードのみで操作する方法

TidalCyclesなどでライブコーディンを行う際、マウスを使わずにキーボードのみで行いたいと簡単ですがショートカットをまとめました。

keyboard_image1

[How to] Processingを始める準備(コード補完)

Processingインストールでそのままだとコード補完機能がついていません。プログラム初心者にとっては必要な補完機能をオン(true)にする手順です。

Processing_logo_header

[How to] SuperCollider 起動時にSuperDirtを起動させる2つの方法

TidalCycles利用時、毎回SuperColliderに「SuperDirt.start」と打ち込み起動させるのは面倒です。SuperCollider起動すると同時にSuperDirtを起動させる2つの方法です。

TidalCycles_logo_header

[How to] Tidal Cycles インストール方法 for M1 Mac

Tidal CyclesをM1 Macにインストールする最も簡単な方法です。M1 Mac は少し仕様が違いTidal bootstrap(インストールパッケージ)だけではインストールできないのが現状です。内容を少し変えてインストールを行います。ひとつづつ手順通り行ってみてください。

TidalCycles_logo_header

[How to] Tidal Cycles インストール方法 for intel Mac

Tidal Cyclesをintel Macにインストールする最も簡単な方法です。Tidal bootstrap というパッケージを利用し一気にインストールし、各設定と確認を行なっていきます。ひとつづつ順を追って進めてください。

TidalCycles_logo_header